今週のイベントタイトル
今週のイベント
イベントカレンダー
マイページ

鹿島さんのケース

■プロフィール

・名前/鹿島 由美子さん

・出身地/東京都

・移住年(居住歴)/30年程

・家族構成/夫・子供2人

・職業/ひとやすみの庭店主

・移住までの流れ(簡単な略歴)/
東京都新宿区に生まれ、杉並区にて育つ。学校卒業後は都内で会社員として勤務。富士スピードウェイでレースに参戦していた実兄を通じて夫と出会う。その後は東京と小山町を行き来し結婚を機に小山町へ移住。2012年、「ガーデンカフェ ひとやすみの庭」オープン。


 

■移住をしたきっかけ

人で溢れ、毎日出勤ラッシュに飲まれてしまう、そんな都会での暮らしにウンザリしていました。そんな生活の中、旦那さんと出会い、小山町の自然に触れ、結婚を機に小山町への移住を決心しました。


 

■移住するまでの流れ

旦那さんと出会ってからは1年程、東京と小山町を行き来していたそうです。都内から新幹線で三島駅へ。そこからは旦那さんの車で小山町へ。遠距離恋愛ですが、都内からのアクセスの良い小山町へは距離を感じさせなかったみたいですね。

「母娘揃って移住者なんですよ!」いざ結婚となると実家に残したお母様が心配でしたが、なんとお母様も定年後、小山町に移住を決めたそうです。現在は隣の家に住んでいます。


 

■移住の際に不安なことや心配事はあったか

「最初はね、全然なかったんですよ。勢いで来ちゃいました」そう語ってくれた鹿島さんも1年程小山町へ住むと、田舎への不満が溜まってしまったようです。1度だけ実家に戻ったものの、すぐに緑溢れる小山町へ帰りました。この時にはもう鹿島さんの第2の故郷になっていたんでしょうね。


 

■現在の生活(移住後の生活)について

子育て終了後、とある本に出合います。イギリスのカフェが掲載された本に触発され、子供の頃から好きだった人々の憩いの場になるようなカフェを開こうと決心します。カフェの学校や、ガーデニングの学校へ通い、2012年、念願の「ガーデンカフェ ひとやすみの庭」をオープンします。定休日は水・木曜日。休みの日はガーデニングの先生がいる横浜や、雑貨や種苗の買い出しに東京へ出かけます。
「東京は遊びに行く所」生まれ故郷である東京への思いは、小山町で過ごすにつれ変わっていったようです。


 

■移住後に感じた小山町の魅力

富士山の湧水に恵まれた小山町では新鮮な野菜が年間通して手に入ります。そんな大地の恵みが感じられる小山町では、子供を育てる環境としても素晴らしいと語ってくれました。お母さんならではの視点ですね。自然に囲まれて、緑と遊んできた子はのびのび育つ。お子様は2人とも町内唯一の高校、小山高校の出身です。18歳まで町内で育ち、今は町外で活躍しているようです。


 

■今後の目標

「やっぱりお店をがんばります。もっとたくさんの人に来てもらいたい」「ガーデンカフェ ひとやすみの庭」では小山町主催の婚活イベントも実施されています。鹿島さんも結婚支援相談員のおひとり。小山町を盛り上げている一員です。


 

■今後の移住者へのメッセージ・アドバイス

「自然がたくさん。食べ物も、水も、空気も美味しい。のんびり癒されますよ。ぜひ一度小山町に遊びにきて『ガーデンカフェ ひとやすみの庭』で一休みしてください!」

Garden cafe ひとやすみの庭
〒410-1312 静岡県駿東郡小山町菅沼855-2 tel 0550-76-7272
営業時間/11:00~17:00  定休日/水曜日・木曜日

11