学校法人鈴木学園 富士メカニック専門学校

COOPERATION

学校法人鈴木学園
富士メカニック専門学校

入学案内担当 岩﨑 宏明

モータースポーツのお膝元にある
自動車整備士の専門学校です。

私たち富士メカニック専門学校は、自動車整備士を養成する専門学校です。ここ富士小山の地に開校され今年で15年。約80名の学生が在籍している学校となります。学生の多くは高校を出て入学されてくるのですが、毎年数名は社会人経験者もいます。今年も下は10代から上は30代で構成されています。私の業務は、一部講座での講師を担当しながら主としては学校入学のご案内を務めています。具体的には静岡県東部、山梨、神奈川など近県の高校にお伺いし、自動車整備士に興味を抱いている方々に学校をご紹介するというものです。ここ数年は入学希望者も増えている傾向です。理由としては、15年の間で築いてきた実績、つまり自動車整備士としての就職動向が評価されているというのが一つ。それからもう一つあげるとすると「富士スピードウェイ」を利用した授業があるという特色に関心を持っていただいている部分もあるのではないかと思います。これは小山町だからこそ実現できることであり、私たちだけが提供できるものでもありますね。

この町の、いまの、
「モータースポーツ」の立ち位置。

私自身は隣町の御殿場の出身です。もともとは自動車ディーラーにて整備士として働いていたのですが、9年前にある方のご紹介があってここで勤めだすこととなりました。整備士として経験を積んできた中でさらに自動車の中身の部分を研究してみたいという思いを持っていたこともあり転職、ですからそのときから小山町が勤め先になっています。私としてはこの町はやはりモータースポーツが身近にあるところが好きなところですね。小さなころからモータースポーツが大好きで、自転車でよく富士スピードウェイにもいっていたくらい車やレースが好きでした。ですから富士スピードウェイを中心にモータースポーツ文化、そして企業が根付いているところはこの町の魅力ではないかと思います。一方で、私個人の印象としてはそんなモータースポーツを町として上手に利用し切れていないようにも感じています。もちろん単純に比較することは出来ないですが、同じレース場の町である鈴鹿だと町全体がモータースポーツの町と映ります。首都圏からも近い小山町にレース場があるということをもう少し上手に活用できたらより一層良くなるかもしれないなという思いは持っています。

この町も、モータースポーツも、
もっと盛り上がってほしい。

御殿場に住んでいた時期が長いからという部分は多分にあると思いますが、正直なところいまでも買い物などを小山でするということはあまりなく、生活に必要なものは基本御殿場という状況です。おそらくそれは私に限ったことではなく、小山町住民の多くの方も同じではないかと思います。そんな中、町としてこれから向かう方向は興味深いですね。御殿場のようなまちづくりを目指すという方向もあるとは思いますが、やっぱり個人的には「車」という観点でのまちづくりもあっていいのではないかと思います。この町には日本で唯一の技術をもった技術者の方がいたり、個性的な自動車関連企業も存在しています。そんな方々がいるということ、車が好きな方々が集まるポテンシャルがあることをぜひ大切にしてもらえるとうれしいですね。