今週のイベントタイトル
今週のイベント
イベントカレンダー
マイページ

おやまのこと

おやまってどんなところ?

小山町ってどんなところ?

img_oyama

静岡県の最北東、富士山の裾野に位置し、町の北西端は富士山頂に達します。金太郎誕生の地としても知られ、町内には金太郎ゆかりの史跡が点在しています。稲作が盛んなため、お餅や水田の裏作として作られる「水掛け菜」が小山町の特産品です。また都心に近いながらも、豊かな自然に囲まれて暮らせることが小山町の魅力であります。

 

【小山町基本データ】※平成28年4月1日
現在人口:19,197人(男性:9,928人、女性:9,269人)
■成美地区 3,939人(世帯数:1,500)
■明倫地区 2,933人(世帯数:1,091)
■足柄地区 2,026人(世帯数: 688)
■北郷地区 5,742人(世帯数:1,883)
■須走地区 4,557人(世帯数:2,354)


日本一を眺めながら楽しく暮らす

img_oyama02日本を代表する世界文化遺産・富士山。小山町はその裾野に位置しています。冨士浅間神社を起点とする須走口登山道を有し、登山シーズンには多くの人が訪れます。四季折々の富士山の美しい姿を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごしませんか?

小山町富士山特集ページへ

おやまの水はこんなにきれい

sign富士山に抱かれた小山町では、年間を通して豊富な湧水を背景に美味しい水を飲むことができます。有名飲料メーカーの採水地としても選ばれました。道の駅「ふじおやま」や「すばしり」などではいつでも無料で汲むことができます。豊富な湧水で育った地場産の農作物は安心・安全で、とても美味しくいただけます。また小山町の水道料金は静岡県内1位、全国2位の安さを誇っています。※(公社)日本水道協会水道料金表(平成26年4月1日現在)小山町で4人家族が住むと年間35,160円節約できるというデータもあります。もちろん水道水をそのまま飲んでも美味しいです!

640_006


首都圏からも近い!

東京から車でおよそ1時間。名古屋からでもおよそ3時間。ちょっとした時に首都圏へ行ける距離です。たまにはふらっと小山町から首都圏へ出かけるのもいいですね。

640_011

640_010

640_007



レジャーもたくさん!

富士スピードウェイ

sign (2)富士山をバックに走る一周4,536mの日本最大のレーシングコースです。スーパーフォーミュラやGTレースはもちろんのこと、ママチャリグランプリなど一般からも参加できるイベントも目白押しで、年間を通して国内外から多くの人が訪れます。町民は入場料が無料で観戦できるレースもあります。

富士スピードウェイHPへ

おやまでゴルフ!

雄大な土地を有する小山町には大小様々なゴルフコースが点在しています。


足柄森林カントリー倶楽部

足柄森林カントリー倶楽部

東名富士カントリークラブ

東名富士カントリークラブ

GATSBY GOLF CLUB

GATSBY GOLF CLUB

東富士カントリークラブ

東富士カントリークラブ

足柄森林カントリー倶楽部

富士国際ゴルフ倶楽部

富士小山ゴルフクラブ

富士小山ゴルフクラブ

篭坂ゴルフクラブ

篭坂ゴルフクラブ

富士グリーンヒルゴルフコース

富士グリーンヒルゴルフコース

富士ヘルスカントリークラブ

富士ヘルスカントリークラブ

富士高原ゴルフコース

富士高原ゴルフコース

富士の杜ゴルフクラブ

富士の杜ゴルフクラブ


マップで確認する!


食で楽しむ!

食で楽しむ小山町

清涼な水と美しい空気、豊かな大地に育まれる小山町の特産物は、いずれも高品質なものが揃っています。地域の主産業である稲作をはじめ、水掛け菜やわさびの栽培だけでなく、山々に自生するキノコ、豊富な水を活用したニジマスの養殖も行われています。


食で楽しむ小山町:水稲

sign (3)豊かな水に恵まれた小山町では、古くから稲作中心の農業が営まれてきました。富士山の東側に位置し、十分な日照が確保できることや、温度差が大きく、糖度の高いコメが育つのに適した土地柄であることから、現在でも米作りを続ける農家が多くあります。


食で楽しむ小山町:水掛け菜

sign (4)別名「とうな」とも言うアブラナ科の菜類野菜です。富士山麓の湧水を掛け流して育てることから「水掛け菜」の名前がつきました。稲作が終わった水田に種を蒔き冬季に栽培するため、病害虫の心配が無く、漬物にする際にも塩のみで漬けられ、多くの栄養素が含まれる健康食品でもあります。


食で楽しむ小山町:わさび

sign (5)小山町産のわさび(真妻種)は、知る人ぞ知る良質ブランド。富士山からの豊富な湧き水で2年の歳月をかけ栽培され、扱う料理人や消費者の舌をうならせる逸品です。希少品種ゆえに生産量は少なく、東京を中心とした大都市の高級料亭や寿司店を中心に出荷されています。