金太郎ファミリープロジェクト

8月31日(土)にCONFERENCE BRANCH銀座にて

みんなで子育てを楽しもう「地域とつながり、子育てする方法〜保育士起業家の私が選んだ居場所とは?〜」の講座を開催しました。

IMG_2984

 

今回、講師を務めてくださった方は、asobi基地代表そして保育士企業家でもありさらに合同会社こどもみらい探求社代表としても活動されている、小笠原舞さんです。

 

小笠原さんが活動されている中でも、子育てコミュニティ“asobi基地”は今までにも多くのメディアで取り上げられていて、日本各地の保育士さんのネットワークで、託児を入れながら自然に触れ合える内容の親子イベントをたくさん開催しています。「完璧な親など最初から存在しない」という考えのもと、大人も子どもも自由に楽しくのびのびと遊び、学べる活動をされています^^

 

実は今回の講座、応募の段階で多くの方から、「とても興味が有ります!」とお声をいただいておりました^^

そのお声の通り、とても興味深い貴重なお話が聞けましたよ。

IMG_3018

講座のテーマでもある“保育士起業家の私が選んだ居場所とは”について様々なお話をしてくださいましたが、もともと小笠原さんは、東京で保育士の仕事をされながら、2012年には“asobi基地”を、翌2013年には“子ども未来探求社”を設立するなど子どもたちの未来を考えて様々な活動をされていたそうです。

 

結婚を機に神戸市長田区へ移住。長田駅南には六間道商店街があり、多くの人で賑わう新しい地で生活をするうちに“街全体で子育てをする”という、人と人のあたたかくて深い繋がりがあることに強く魅力を感じた舞さん。

 

例えば、舞さんもよく行っているという、介護施設「はっぴーの家ろっけん」。1階は誰でも出入りができるフリースペースになっていて、おじいちゃんやおばあちゃんだけでなく、地域のママたち・小学校帰りのこどもたち・長田区に住む海外の人たちも、みんなが自由に過ごしているそうです。いわば、“おうちのリビング”な存在。小笠原さんも、よく息子さんを連れて行くんだとか…^^素敵ですね。

 

他にもお写真と併せながら、こどもたちとのこと、地域のこと、舞さんの活動のこと、話してくださいました。

IMG_3010 IMG_3035

今回、小山町の金太郎ファミリープロジェクトに小笠原さんを講師としてお招きした理由ですが、2年前に開催した“森のようちえん”にも先生として来ていただき、地元のファミリーと一緒に森あそびをしてもらったことがありました。

IMG_0058

さらに、小山町の“まちのみんなで子どもたちを見守りながら育てていく”スタンスは長田区と似ていて、舞さんの暮らし方や活動に賛同しています!

 

参加してくださった皆様も、「とても刺激を受けた」と話してくださり、最後の質疑応答では質問が途切れることなく飛び交うほど…。本当に素敵な講座となりました。

講座終了後には、「自然や人の温もりに触れ合いながら、子育てをしてみたい」「都会では体験できないことをやってみたい」と言ってくださった方も^^

更に、講座をキッカケに、おやまステイにもエントリーをしてくだいました♡

 

「子どもたちの存在が大人たちを変えていく」小笠原さんの活動を通して“つながること・たすけあうこと”の大切さを今一度考える、良い時間となりました。

 

皆様、ありがとうございました。

レポート一覧に戻る