金太郎ファミリープロジェクト

1月24日(水)

 

🌲マザーツリー工房 第5回目🌲

 

連日、全国的な厳寒の影響が報道されるこの頃。

寒風が刺すように痛い小山町では

前日に降った雪が一面に広がっていました。

 

今回は特別ゲストがお越しくださいました。

仏師運慶を始祖にもつ、鎌倉彫職人の後藤久慶(きゅうけい)さん

久慶さん

前年度のマザーツリー工房では講師として、

また商品製作にも協力してくださった方です。

木製品のプロとして、アドバイスをいただきます。

 

イラストレーターの肩書をもつメンバーの高田さんが作ってきた

4つの商品の図案を見ながら話し合いがスタート。

デザイン案モザイク

アイディアが生まれた背景やこだわりのポイントなどを

メンバーがファシリテーターの天野と久慶さんに説明します。

説明

すると湿気や強度、香り、想定されるユーザーの行動など

デザイン発案時には無かった視点を久慶さんが鋭く指摘。

皆がそれぞれの頭で解決策や代替案を考えていきます。

議論 香りかぐ

お昼頃には、フル回転した頭をお休みするための軽食タイム。

パンと飲み物をいただきながらも、議論は尽きません。

パン

商品案のコンセプトや仕様、ポイントなどを文章にする人、

それらを提案書の形にまとめる人、

などの役割分担を決めて今回の講座は終了です。

全員

次回の講座は、2月21日。

 

久慶さんのアドバイスや提案がカンフル剤となって

新しいアイディアが生まれそうな予感があります。

これまでの商品案がブラッシュアップされるのか、

はたまた全く新しい案が具体化されるのか・・

ワクワクする展開になってきました!

組子

 

 

子どもたちは寝転がってお絵描きをしたり

ピクニックシートの絨毯に乗って、見守り託児担当者に引っ張ってもらったりと

始終その場を楽しんでいました。

お絵描き

ママが育児や仕事の合間に一生懸命取り組んだ企画が成就するように

みんな、応援していてね。

mamaと

 

レポート一覧に戻る