金太郎ファミリープロジェクト

「マザーツリープロジェクト」

小山町の籠坂峠から明神峠に至る三国山付近には樹齢300年ほどのブナ林の原生林があります。大きく空に広がるその木々は森を守る母なる木、マザーツリーです。木にできた窪みには枯葉が朽ちて新たな宿り木が芽生え、虫が生息すれば、それを目当てに鳥や小さい動物が木に巣穴を作り、森はにぎやかになっていきます。すべての生き物を受けいれる母なる木に私たちは大きな愛の力を感じます。そして、私たちマザーツリープロジェクトもその思いをメンバーそれぞれが胸に、新しく誕生する命へ愛を込めて「木のおもちゃ」を考え作り出していきます。

「マザーツリープロジェクト」からのお知らせ

「マザーツリープロジェクト」活動レポート