金太郎ファミリープロジェクト

2017年11月11日(土)

🌳🌳第3回 金太郎 森のようちえん・自然塾インストラクター養成講座を開催しました🌳🌳

前日、10日の夜中、静岡県東部では雨風が強く雷まで轟いた嵐でした。

しかし、夜が明けたら・・・

ASUO11111

気持ちよく晴れ間が広がり、会場前にはドドンと大きな青い富士山🗻

そんな恵まれた天候の中、講座が開催されました。
ASUO11112

第3回目の講師は「NPO法人国際自然大学校」の事業部長 小比類巻有紀子先生と笠倉秀貴先生。

お二人は、前年度も講師として登壇いただいています♬

 

午前中は笠倉先生から「森での文化体験」として食文化・食育をテーマに

アウトドアクッキング活動の観点について講義を受けました。

ASUO11113

また、子どもたちの活動にどう関わって良いのかと

少し距離を感じてしまいがちなお父さんを巻き込む方法や

地元の方、街の人々との連携事例も学びました。

そして、午前の部の最後は

会場の後方に準備された何やらガンのような備品とブルーシート・・・

ASUO11114 ASUO11115

こちらで「すすきのフクロウ作り」のワークショップをしました🎵
ASUO11116 ASUO11117 ASUO11118

「フクロウとミミズクの違いを知っていますか?」

そんな学びを挟みながら

みなさん黙々とMyフクロウorミミズクを作っていました。

※ちなみに一般的には耳(耳のように見える羽角という羽毛の束)があるのがミミズク

ないのがフクロウだそうです

ASUO11119

こちらは出来上がり作品✨

 

試行錯誤して作ったフクロウたちは、

それぞれ形や表情が違っていて、とても可愛く仕上がりました💕

ドングリの付け方、ススキの巻き付け方

皆さん各々工夫されていました🎶

 

お昼休憩後、午後の部は小比類巻先生から

「アート体験」を主とした講義を受けました。
ASUO111110

お天気が良い、お腹も満たされた午後・・・

そんな麗らかな午後は

森で活動するにあたり「プログラムデザイン」の流れを学び、

その中のひとつ「アイスブレイク」を実際に体験!

ASUO111111 ASUO111112

外に出て、大きな富士山に見守られながら、

輪になって体と頭を動かしアイスブレイク!!!

説明だけでは簡単に思えたことも、実際にやってみると楽しい🎶

そして意外と難しい💦

 

やる前とやった後では皆さんの距離感や表情も変わり、

プログラムの導入にはとても有効な手段であると体感しました。

大人も盛り上がれるので

子どもたちとやったらどんなに楽しい活動になるのかなぁ~~💖

 

もう一つ「キムスゲーム」も体験しました。

ASUO111113

まず、先生が会場近くで集めた葉っぱや木の実などを数十秒記憶して

ASUO111114

各自、記憶したものと同じものを探しに行きます。

(基本は落ちているもの。生えているものは取らない)

ASUO111115

戻ってきて答え合わせ。

数を記憶した人、形状を注視した人

同じものを見ても視点や感じ方がそれぞれ違っていたのが面白く

皆さんが持ってきた葉っぱや木の実は、カサカサしていたり色ついていたり

普段は見過ごしがちな「秋」を感じました。

ASUO111116

頭と体、そして心がほぐれたところで座学に戻り

「リスクマネジメント」について講義いただきました。

 

楽しい!!!ばかりではなく

参加者の安全やもし万が一を考えるのも

アウトドア活動には大切な事だと身が引き締まりました。

 

次回は第4回最終講「森林の活かし方と保全」「森林と子育てのかかわり」について学びます。

 

現役の「きこり」である株式会社玉川きこり社取締役 繁田浩嗣先生が登壇されます。

第4回のみの受講も受け付けておりますので

ご興味のある方は下記よりお申し込みください🎵

 

▼お申し込みはこちら

http://asuoyama.jp/kintaro/news-kindergarten/9010/

レポート一覧に戻る