金太郎ファミリープロジェクト

2017年9月24日(日)

金太郎 森のようちえん・自然塾インストラクター養成講座を開催しました!

インストラクター養成講座1

森のようちえんを団体として地域で活動されている方

既に子育て関係で働いていて新しい保育の形を考えている方

自然の中での孫育てや子育て真っ最中のお母さんたちの助けになりたい方など

幅広い年齢層と様々な想いを抱いた方がご参加くださいました。

 

第1回目の講師は、NPO法人もあなキッズ自然楽校の代表理事

NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟の理事としてご活躍中の関山隆一先生

 

ニュージーランドの国立公園で現地ガイドをされたあと、

有名アウトドアブランド会社を経て、帰国後はアウトドアオペレーターの事業を立ち上げ、

その後、もあなキッズ自然楽校を設立されたワールドワイドな行動力をお持ちの関野先生。

自然と共に人生を歩まれているような方です。

 

そんな関山先生の講座は、午前中は座学で「もあな」の成り立ち・立ち上げた想いや

地域との関わりの中で子供たちを育む指導について、映像を交えてお話しいただきました。

インストラクター養成講座2インストラクター養成講座3

自然の中で生き生きと子供たちが遊ぶ姿や、

スタッフが保育について語るシーンは、皆さん真剣に見つめていました。

 

午後は秋空の下、2チームに分かれ、たき火感覚で輪になって火を起こし、

BBQコンロを囲みマシュマロやスルメやチータラ、小山町産つき立てのお餅を焼きました。

 

ただし「火やマシュマロの気持ちになって焼くこと」と関山先生からのミッション!

皆さん真剣に「火🔥」になり「スルメ」になり、焼いていました。

これには先生の意図があり、

物事を丁寧に注視することの大切さや気づきを体験するワークショップでした。

 

子どもも同様に見守り、寄り添う。

日々の忙しさに見落としてしまいがちな事を再認識したワークでした。

インストラクター養成講座4 インストラクター養成講座5 インストラクター養成講座6

火を囲むと穏やかな気持ちになり、関山先生との子育てについての会話も弾んでいました♡

 

参加者さんからは、

「今まで子育てに関してモヤモヤしていたしていた気持ちがほぐれた」

「疑問に思っていた事がわかった」

「一緒に活動している人達にも聞いて欲しい」

と感想をいただきました。

 

自然の中で子どもと育ちあうこと、子供の目線で関わりあうことについて

関山さんや参加者さん同士で話し合っている姿は、とても真剣で生き生きとしていました。

 

「次回も午後からでも参加したい!」と申し出てくださる方もいて、第2回目講座も楽しみです♫

 

第2回目講座の講師は、引き続き関山先生です。

いよいよ、小山町の地域資源の活用について学んでいくことになります。

活動内容は、金太郎ファミリープロジェクトのHPでお知らせいたします。

レポート一覧に戻る