今週のイベントタイトル
今週のイベント
イベントカレンダー
マイページ

【レポート】家族留学!あなたのみらい講座

平成29年度の初夏から始まった《おやまの婚活》「マナブジブンカワル」もいよいよフィナーレとなりました。

前回のセミナーイベント「ワーク・ライフバランス」では、結婚して子供を持ったら「父親OSに入れ替えよう!」といった意識改革や、夫婦共働きの中で定年からも楽しめる「ライフシフト」についてマナビました。
そちらの様子はコチラ↓

「あなたの未来のための ワーク・ライフバランス」セミナー(12月3日開催)

http://asuoyama.jp/event-report/event-konkatukekkon/10503/

その他のレポートもコチラ↓
http://asuoyama.jp/asuo/kekkonkosodate/kekkon/

さて、フィナーレとなる今回は、「はじめまして、家族留学へようこそ!実践 あなたのみらい講座」と題して、子育てをする家庭に訪問して
「結婚生活ってどんな感じなんだろう」
「子育てって実際どうしてるの?」
…といった素朴なギモンについて聞いて知っていただこう、という企画です。

今回、訪問先としてご協力いただいたのは、小山町内に在住のKさんファミリーです。

★タイトルメニュー

◆お二人のなれそめは?今だから言えるお互いの好きな所
◆ズバリ、結婚の理想と現実は?
◆仕事と子育て、趣味とのバランスはどうなの?
◆一番気になる?お金の事
◆婚活してましたか?
◆まとめ~結婚はまわりを幸せにする~
◆これからのイベントについて


◆お二人のなれそめは?今だから言えるお互いの好きな所

Kさんファミリーの家族構成は
ご主人と奥様、そして、3歳と0歳9か月のお子様の4人家族。
現在は、奥様のご両親と弟さんとの同居となるので、合計7人で一つ屋根の下で生活をしています。
今回はセミナーではないので、すべてQ&A方式で学んでいきたいと思います。

Q:結婚へのなれそめを教えてください

A:奥さんとは、職場の先輩からの紹介でお付き合いをはじめて、結婚に至りました。知り合った時には、お互い年齢的な事もあったので《結婚する》という意識をしていましたね。自分が40歳を過ぎた時に「結婚は無理だろうな」と諦めていましたが、互いフィーリングが合うという事もあり、2年くらいお付き合いをして45歳の時に結婚をしました。

45歳での結婚。これは、参加者にとっても心強いエピソードだったようで、皆さん関心をより持たれた様子です。

Q:では、フィーリングが合ったということですが、何か「これぞ」という奥様に決めた”決め手”は何ですか

A:容姿とかじゃなくて、まず何よりも思いやりがある所ですかね。あとは、小言とか愚痴とか言わないところが生活するにも楽しいかなと思いました。

Q:それでは奥様に質問。旦那様に決めた”決め手”は何ですか

A:そうですね、行動力があって、何よりポジティブな所。そんな自分にない所があってそこに惹かれましたね。お付き合いするにつれて、会う度に悪いところよりも、いい所が多く見えてきました。

お互いのいい所がマッチングしたご夫婦なんだなぁと一同関心。

▲メニューに戻る


◆ズバリ、結婚の理想と現実は?

さて、前回のセミナーでも話がありましたが、「結婚すると何かを犠牲にしないと…」という、気持ちはあったのかお聞きしました。

Q:(旦那様は)結婚する前はどんな生活をされていましたか

A:長かった独身時代は、それはとことん遊ばせてもらいました。職場の仲間と休日となれば趣味を楽しんでました。

Q:では、結婚後の生活の変化はどうなりましたか

A:「自分の自由な時間」というのは減るのが当たり前で、趣味もあまりできなくなりましたよ。今は子供中心ですね。

Q:ズバリ「結婚しての理想と現実」はありましたか

A:「結婚すると大変だ」という事は職場の同僚からも聞いていたので、そんな大きなギャップは感じていませんでしたね。

家庭を持つことによって、地域活動への参加などで以前ほどは回数は減ったものの、今でも時々趣味のアウトドアを楽しむなどリフレッシュもできているようです。
どの家庭も、子供ができればそれなりに生活が一変し、まさに「父親OS」への入れ替えが必要という事ですね。

▲メニューに戻る


◆仕事と子育て、趣味とのバランスはどうなの?

それでは、仕事と子育てについてお聞きしましょう。

Q:奥様は現在はお仕事をされてますか

A:いえ、現在は無職(主婦)です。以前は専門職をしていました。

Q:旦那さんは奥様の復職についてはどう考えますか

A:復職についてはいいと思っています。ただ、今は子育てが優先になっているので無理のない程度にと思っています。

Q:もし結婚をしていなかったらキャリアアップとか色々考えましたか。

A:このまま職場を辞めて趣味を突き詰めようと思ってましたが、現実的にそれはできなかったですね。奥さんと知り合ってからは「結婚へのスイッチ」に切り替えて「趣味は趣味の範囲で終わろう」と思いました。

Q:仕事の取り組みや、職場の環境の変化はありましたか

A:これはそれぞれの職場の環境にもよるかもしれませんが、周りが考慮してくれますよ。

次に、出産や子育てについても質問をしてみました。

Q:高齢出産について不安はありましたか

A:自分自身も高齢出産という不安は確かにありましたが、それなりに体を整えたりと準備をして自信をつけていました。

Q:ご夫婦間での「子育ての役割分担」はありますか

A:旦那さんはやってくれてますよ。特に子供と遊んでくれるのはとても助かります。時々私が用事があるときに一人でも子守を任せられるので頼り甲斐があります。

ということで、仕事と子育てのバランスも職場の環境にもよりますが、夫婦だけでなく社会的な協力もKさんファミリーの大きな支えだといいうことがわかりました。

▲メニューに戻る


◆一番気になる?お金の事

生活にはお金がつきもの、ましてや結婚生活となれば当然のこと。そこで、お金のあれこれ聞いてみました。

Q:お金の不安はありましたか

A:もちろんありましたよ。独身時代から貯蓄はしていましたが、やはり結婚を意識し始めてからは急ピッチで貯金をしましたね。結婚資金や結婚後の生活資金も必要ですから。


◆婚活してましたか?

さて、婚活参加者としても気になる「婚活」についても質問が出ましたよ。

Q:結婚の意見について親に挟まれる時はどうしたらいいですか

A:あまり気にしない事です。

Q:僕は奥手でなかなか踏み切れない部分があるのですがどうしたらいいですか

A:人はそれぞれあって当然、あなたらしい素晴らしい部分を出していけばいいのではないですかね。

Q:出逢っても結局「友達どまり」になってしまいます。どうしたらいいのですか

A:そうですね、男性がリードして色々考えるしかありませんね(笑)

▲メニューに戻る


◆まとめ~結婚はまわりを幸せにする~

2017_1217_mjk_009

それでは最後に、Kさん夫婦への質問総まとめです。

Q:結婚してよかったと思ったことはありますか。

A:「結婚してなかったらどうなっていたかな」と思うときっと自分の好きなことをしていました。けど、結婚して数段人生が楽しくなりましたね。何といっても家族が増えることが楽しい。また、自分だけでなく親孝行もできてるのかなと今は感じてます。「結婚はまわりも幸せにできる」からよかったなと思ってます。

Q:これからどんな家族にしたいですか

A:仲良くして、なんでも話せるような環境づくりができたらいいな。いつでも気持ちが離れないような生活を続けていきたいです。

お二人とも結婚する年齢は遅かったものの、それまでの人生をそれぞれ謳歌して楽しむなど、仕事や趣味も大切にしてきました。
そして、出逢って結婚と至ったときに、仕事の事、出産の事、お金の事、趣味の事…あらゆる悩みを、お互いの意思疎通で乗り越え今に至っているのだと感じました。
お子様の成長と共にこれからも考える事があるかと思いますが、《結婚は自分だけでなく、周りも幸せになる》そんな素晴らしい総まとめをしていただいたKさんファミリー。
そんな謙虚な姿勢と思いやりのある考え方も結婚には大切なのではないかと感じました。これからも仲睦まじい家庭を築いて頂きたいと思います。

今回は、午前午後とで別グループでの企画という事で、Kさんファミリに―には多大なるご協力をいただきました。重ねて感謝いたします。

▲メニューに戻る


◆これからのイベントについて

さてさて、次回の婚活イベントは平成29年度最後の企画となります「JR御殿場線でいく!春満開!貸切電車の出逢い旅」です。
昨年も好評だった「富士のふもとで出逢い旅」。なんとその時のカップルから成婚者も1組出ました。
さて、今回の旅ではどんな運命の出逢いが待ち構えているでしょうか。
もしかすると、アナタの「運命の駅」が訪れるかも??

申込や、詳細はコチラ↓
http://asuoyama.jp/information/10465/

▲メニューに戻る