金太郎ファミリープロジェクト

2017年10月3日(火)

🌳🌳第2回 金太郎 森のようちえん・自然塾インストラクター養成講座を開催しました🌳🌳

今回も第1回目講師の「NPO法人もあなキッズ自然楽校」代表理事の関山隆一先生に登壇いただきました。

前回の振り返りを挟み、今回の講座は参加者に現役ママ達が多いこともあり

「日々のちょっとした気づき」

「子供の目線で関わる事」

「地域での子育て」

など、主に映像を交えお話されました。

1

その映像は講座の前日に撮影されたもので、

あいにくの天気にもかかわらず木にロープを巻き付けてブランコにして遊んだり、

湿った草原をスタッフさんと走り回る様子は、

子どもはもちろんスタッフさんもキラキラとして心の底から楽しんで遊んでいる様子が伺えました。

理想の自然をフィールドにした保育がそこにありました。

2

また、森や海など自然ばかりでなく、

街やそこに住む人々、お店の方やゴミ収集作業員など、

街で働いている方々も気さくに子どもたちに声掛けをしたり、

仕事内容を教えてくれたりして、

地域を巻き込んでの保育も皆さんの印象に残ったようです。

この小山町の方々も温かい方が多いので、

そのような活動ができるかもしれませんね✨

 

そんな気持ちの高ぶりを活かして座学の後は、

小山町と御殿場市の2チームに分かれ、

それぞれ「人」「事」「場所」のカテゴリで

どんな地域資源があるのか付箋に書き出すワークをしました。

3

映像を見てイメージが湧きやすかったようで、

皆さんたくさんの付箋を貼っていました。

45

お昼を挟んで午後は、午前中のワークの発表をしました。

隣町なのに知らなかったこと、

町内だけどはじめて知った有力情報、

実は知り合いだった!?などの繋がりも見えて、盛り上がりました。

6 7

8 9 10

住んでいても知らないこと、

活かせそうな事、探していた欲しい情報など、

さっそく森のようちえん活動に有効な学びになりました。

 

その後、会場隣の「鮎沢川」に下りて、リトリート

(「リトリート」とは、ヨガや瞑想などで使われる言葉)

気持ちを「無」にし、頭の中が騒がしくなりがちな日常から少し離れ、

自然の中で自分を見つめ直しマインドリセット。

リセットする事で、また日々を丁寧に生きる「余地」ができ、

子どもに対しても寛容に落ち着いて注視できるようになるそうです。

11 12

皆さん川辺で思い思いにリトリートしていて、気持ち良さそうでした。

「日々の慌ただしい気持ちが落ち着いた」

「日常でもやっていきたい」

「途中から参加だったが、リトリートができただけでも来てよかった」

「意外と時間が長く感じられた」

「そわそわして落ち着かなかったが、いつもそんな日常を過ごしていたと気づけて良かった」

と感想をいただきました。

13 14

次回は11月11日、小山町健康福祉会館にて第3回講座が開催されます。

講師は、昨年度の森のようちえん講座に来ていただいた小比類巻先生が再登壇されます♪

森の恵みを活かした文化活動やアート体験についてお話をいただく予定です💕

「紅葉」「木の実」など子ども達の芸術感覚も湧いてくる季節ですね✨

 

興味を持たれた方は、ぜひご参加お待ちしております♥

レポート一覧に戻る